クレンジングの種類と特徴

クレンジングの種類と特徴

クリームタイプ(メリット、デメリット)

メリット

クリームタイプのクレンジング剤は油分を多く含んでいるため、メイク剤と馴染みやすいですし、メイクを落とした後もしっとりとしたお肌を保つことができます。そのためお肌が乾燥しやすい人にはピッタリのクレンジング剤だと言えます。クリームタイプはクレンジングする時に肌への摩擦も少ないので、お肌を傷めずにクレンジングができると好評です。

 

デメリット

デメリットとして、洗い上がりに少しベタついた感じを受ける人もいるということです。さっぱりした洗い上がりが好きな人には不向きかもしれませんね。オイルタイプに比べると洗浄力も弱いかもしれませんが、お肌への刺激が少なく、安心してクレンジングしたいという人にはピッタリとクレンジング剤です。

 

 

オイルタイプ(メリット、デメリット)

メリット

オイルタイプは洗浄力に優れていて、アイメイクやポイントメイクもバッチリ落とすことができます。また、濡れた手でもOKなタイプのものが多いので、お風呂場でも気軽に使うことができるので便利です。オイルなのでお肌への滑りも良いのがポイントです。

 

デメリット

ただし、ニキビが多い人がオイルタイプのクレンジング剤を使ってしまうと、ニキビを悪化させてしまうこともあります。オイルタイプはその名の通り、油分がとても多い製品なので、オイリー肌やニキビの多いお肌の人は避けた方が良いでしょう。そういう方には、オイルフリーなクレンジング剤をおすすめします。オイルタイプクレンジングは汚れがよく落ちますが、お肌への刺激が大きいというデメリットもあります。

 

 

ジェルタイプ(メリット、デメリット)

メリット

トロッとしたジェル状のクレンジングは肌への伸びもよく、肌を摩擦することなく汚れを落とすことができるのがメリットです。濡れた手で使用できる商品が多いので風呂場でも使えて便利です。滑りが良いため、クレンジングしながら顔のマッサージもできてしまうのでおススメです。

 

デメリット

オイルのジェルタイプはクレンジング力は大きいですが、その分肌への刺激も大きいので、お肌が弱い人にはあまりおすすめできません。また、水溶タイプのジェルは逆にクレンジング力弱く、ポイントメイクなど濃いメイクが落ちにくい傾向があります。ナチュラルメイクの人であれば水溶ジェルを、バッチリメイクの人であればオイルタイプのジェルを、と使い分けてみるのも良いですね。

 

 

ミルクタイプ(メリット、デメリット)

メリット

ミルクタイプのクレンジングは数あるクレンジング剤の種類の中でも最もお肌に優しく使うことができるタイプのクレンジングです。乳液を塗るような感覚で使用できますし、お肌の油分を落とし過ぎることなく、刺激が少ないのが特徴です。敏感肌や乾燥肌の人の人にはミルクタイプを一押しします。

 

デメリット

ミルクタイプはお肌に優しい反面、洗浄力が弱いというデメリットもあります。メイクがクレンジングに馴染むのに時間が掛かってしまい、短時間でクレンジングを終わらせてしまうとメイクがお肌に残ってしまうこともあります。アイメイクなど濃い部分のメイクを落とすには適さないので、アイメイクなどは専用のクレンジングを使ってから、顔全体をミルクタイプでクレンジングするなど分けるが良いでしょう。

 

 

シートタイプ(メリット、デメリット)

メリット

シートタイプのクレンジングのメリットは、何といっても手軽に使えることです。出張先や旅先でクレンジングのボトルを持ち歩くのは大変ですよね。そんな時にクレンジングシートがあれば、ササッと化粧を落とすことができちゃいます。急なお泊りの時のために、カバンに忍ばせておくといいでしょう。

 

デメリット

そんな便利なシートタイプですが、デメリットもあります。シートタイプのクレンジングはシートにクレンジング剤を含ませているためお肌のメイクを拭き取る形になってしまいます。拭き取る時に強い力で拭き取ってしまうと、お肌への刺激となってしまうので注意しましょう。シートタイプを使う時は、優しく適度な力で丁寧にメイクを落としていくよう心がけたいものですね。